HAIKU

『モネの庭』 高知県安芸郡北川村   縁あって先日、高知の小学校で俳句講座を行なった。テーマは『俳句は読むのも面白い』。俳句を詠む前に、まず俳句を読む面白さを...
映画『杜人』 前田せつ子・監督    『杜人(もりびと)』の主人公・矢野智徳は1956年、北九州市生まれ。父の始めた花木植物園「四季の丘」で十人兄弟とともに植...
『のんのんばあとオレ』水木しげる・著 ちくま文庫・刊   コロナ禍に見舞われて以来、丸2年が過ぎた。マスクと自粛の日々に慣れたとはいえ、決して楽しいものではな...
『死刑囚・大道寺将司と俳句』山岸明子・著 第23回山本健吉評論賞受賞 『鴻』同人の山岸明子氏が、第23回山本健吉評論賞を受賞されました。まことにおめでとう...
『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』 今村翔吾・著  祥伝社文庫・刊  『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』は、この1月に『塞王の楯』(集英社)で第166回直木賞を受賞した今村翔吾の...
『ゴリラの森、言葉の海』 山極寿一・小川洋子 共著  新潮文庫・刊  ゴリラ研究の第一人者で霊長類学者の山極寿一と、『博士の愛した数式』などで知られる芥川...
『絶滅危惧動作図鑑』 籔本晶子・著  祥伝社・刊     「絶滅危惧動作」とは何だろう。著者でグラフィック・デザイナーの籔本晶子は言う。「時代とともに使う道具...
『スマホ脳』 アンデシュ・ハンセン・著  新潮新書・刊      『スマホ脳』の著者アンデシュ・ハンセンはスウェーデン出身の精神科医で、スマホが脳に与える...
句集『イマジン』 上野犀行・著 飯塚書店・刊    初秋のある日、一冊の本が送られてきた。届いた句集『イマジン』の著者・上野犀行(さいごう)さんとは面識がなか...
『吉田鴻司集-脚註名句シリーズ-』 増成栗人・編 俳人協会・刊 『鴻』誌9月号巻末の編集後記に『吉田鴻司脚註句集』が完成したと告知があった。吉田鴻司は僕の...
ARCHIVES
search

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

BOOK by Yu-ichi HIRAYAMA

弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店
PAGE TOP
『モネの庭』 高知県安芸郡北川村   縁あって先日、高知の小学校で俳句講座を行なった。テーマは『俳句は読むのも面白い』。俳句を詠む前に、まず俳句を読む面白さを...
映画『杜人』 前田せつ子・監督    『杜人(もりびと)』の主人公・矢野智徳は1956年、北九州市生まれ。父の始めた花木植物園「四季の丘」で十人兄弟とともに植...
『のんのんばあとオレ』水木しげる・著 ちくま文庫・刊   コロナ禍に見舞われて以来、丸2年が過ぎた。マスクと自粛の日々に慣れたとはいえ、決して楽しいものではな...
『死刑囚・大道寺将司と俳句』山岸明子・著 第23回山本健吉評論賞受賞 『鴻』同人の山岸明子氏が、第23回山本健吉評論賞を受賞されました。まことにおめでとう...
『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』 今村翔吾・著  祥伝社文庫・刊  『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』は、この1月に『塞王の楯』(集英社)で第166回直木賞を受賞した今村翔吾の...
『ゴリラの森、言葉の海』 山極寿一・小川洋子 共著  新潮文庫・刊  ゴリラ研究の第一人者で霊長類学者の山極寿一と、『博士の愛した数式』などで知られる芥川...
『絶滅危惧動作図鑑』 籔本晶子・著  祥伝社・刊     「絶滅危惧動作」とは何だろう。著者でグラフィック・デザイナーの籔本晶子は言う。「時代とともに使う道具...
『スマホ脳』 アンデシュ・ハンセン・著  新潮新書・刊      『スマホ脳』の著者アンデシュ・ハンセンはスウェーデン出身の精神科医で、スマホが脳に与える...
句集『イマジン』 上野犀行・著 飯塚書店・刊    初秋のある日、一冊の本が送られてきた。届いた句集『イマジン』の著者・上野犀行(さいごう)さんとは面識がなか...
『吉田鴻司集-脚註名句シリーズ-』 増成栗人・編 俳人協会・刊 『鴻』誌9月号巻末の編集後記に『吉田鴻司脚註句集』が完成したと告知があった。吉田鴻司は僕の...
ARCHIVES
search
弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店