HAIKU

句集『イマジン』 上野犀行・著 飯塚書店・刊    初秋のある日、一冊の本が送られてきた。届いた句集『イマジン』の著者・上野犀行(さいごう)さんとは面識がなか...
『吉田鴻司集-脚註名句シリーズ-』 増成栗人・編 俳人協会・刊 『鴻』誌9月号巻末の編集後記に『吉田鴻司脚註句集』が完成したと告知があった。吉田鴻司は僕の...
【ON THE STREET 2021/9月】  for HP       『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』 泰三子・著 講談社・刊  サブタイトルに「交番...
『芸人と俳人』 又吉直樹 堀本裕樹・著 集英社文庫・刊   人気テレビ番組『プレバト!!』(毎日放送系)を毎週、楽しんでいる俳人の方は(もちろん一般の方も)多...
『やまと尼寺精進日記』 NHK「やまと尼寺精進日記」制作班・著 NHK出版・刊  『やまと尼寺精進日記』は、奈良の尼寺を舞台に四季折々の行事や草花、料理...
『酒のほそ道』 ラズウェル細木・著 日本文芸社・刊   『酒のほそ道』は1994年から連載が続く長寿読み切り漫画だ。掲載誌は『週刊漫画ゴラク』(シブい!)...
『言葉にできない想いは本当にあるのか』 いしわたり淳治・著 筑摩書房・刊   『言葉にできない想いは本当にあるのか』は、若手作詞家の中でも理論派として知られる...
『あつかったら ぬげばいい -ヨシタケ式心を緩める絵本-』  ヨシタケシンスケ・絵と文 白泉社・刊   新年おめでとうございます。今年も俳句を楽しみまし...
『よこいしょういちさん』 亀山永子・文と切り絵 ゆいぽおと・刊  「恥ずかしながら、生きながらえて帰ってまいりました」。 この衝撃的なコメントを憶え...
『加藤楸邨の百句』 北大路翼・著 ふらんす堂・刊  滅法、面白いアンソロジー(撰集)だ。 加藤楸邨(かとう・しゅうそん 1905年~1993年)の俳人とし...
ARCHIVES
search

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

BOOK by Yu-ichi HIRAYAMA

弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店
PAGE TOP
句集『イマジン』 上野犀行・著 飯塚書店・刊    初秋のある日、一冊の本が送られてきた。届いた句集『イマジン』の著者・上野犀行(さいごう)さんとは面識がなか...
『吉田鴻司集-脚註名句シリーズ-』 増成栗人・編 俳人協会・刊 『鴻』誌9月号巻末の編集後記に『吉田鴻司脚註句集』が完成したと告知があった。吉田鴻司は僕の...
【ON THE STREET 2021/9月】  for HP       『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』 泰三子・著 講談社・刊  サブタイトルに「交番...
『芸人と俳人』 又吉直樹 堀本裕樹・著 集英社文庫・刊   人気テレビ番組『プレバト!!』(毎日放送系)を毎週、楽しんでいる俳人の方は(もちろん一般の方も)多...
『やまと尼寺精進日記』 NHK「やまと尼寺精進日記」制作班・著 NHK出版・刊  『やまと尼寺精進日記』は、奈良の尼寺を舞台に四季折々の行事や草花、料理...
『酒のほそ道』 ラズウェル細木・著 日本文芸社・刊   『酒のほそ道』は1994年から連載が続く長寿読み切り漫画だ。掲載誌は『週刊漫画ゴラク』(シブい!)...
『言葉にできない想いは本当にあるのか』 いしわたり淳治・著 筑摩書房・刊   『言葉にできない想いは本当にあるのか』は、若手作詞家の中でも理論派として知られる...
『あつかったら ぬげばいい -ヨシタケ式心を緩める絵本-』  ヨシタケシンスケ・絵と文 白泉社・刊   新年おめでとうございます。今年も俳句を楽しみまし...
『よこいしょういちさん』 亀山永子・文と切り絵 ゆいぽおと・刊  「恥ずかしながら、生きながらえて帰ってまいりました」。 この衝撃的なコメントを憶え...
『加藤楸邨の百句』 北大路翼・著 ふらんす堂・刊  滅法、面白いアンソロジー(撰集)だ。 加藤楸邨(かとう・しゅうそん 1905年~1993年)の俳人とし...
ARCHIVES
search
弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店