music

『使ってはいけない言葉』 忌野清志郎・著 百万年書房・刊   『使ってはいけない言葉』は、故・忌野清志郎の遺した言葉を集めた一冊だ。余計な解説は一切無し。シンプルな作りなので、清...
アルバム『HELP EVER HURT NEVER』 歌・藤井風 発売・ユニバーサル   緊急事態宣言が再延長になり、自粛の日々が続くが、今回は久々に出会った天才シンガーソングラ...
『プロデュースの基本』 木崎賢治・著 インターナショナル新書・刊   著者の木崎賢治さんは、僕にとって音楽業界の大先輩である。プロデューサーとして沢田研二、山下久美子、大澤誉志幸...
映画『フジコ・ヘミングの時間』 小松莊一良・監督 日活・配給   初めてフジコ・ヘミングのピアノを聴いたときの驚きは忘れられない。彼女の指先からこぼれる音のひとつひとつ...
『BOØWY 1224-THE ORIGINAL-』を見て思い出したこと それはバンドブームが第2フェイズに移ろうとしていた頃のことだった。1985年にハウンドドッグとレベッ...
more

haiku

映画『杜人』 前田せつ子・監督    『杜人(もりびと)』の主人公・矢野智徳は1956年、北九州市生まれ。父の始めた花木植物園「四季の丘」で十人兄弟とともに植物の世話をして育つ。...
『のんのんばあとオレ』水木しげる・著 ちくま文庫・刊   コロナ禍に見舞われて以来、丸2年が過ぎた。マスクと自粛の日々に慣れたとはいえ、決して楽しいものではなく、いつの間にか鬱々...
『死刑囚・大道寺将司と俳句』山岸明子・著 第23回山本健吉評論賞受賞 『鴻』同人の山岸明子氏が、第23回山本健吉評論賞を受賞されました。まことにおめでとうございます。選にあた...
『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』 今村翔吾・著  祥伝社文庫・刊  『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』は、この1月に『塞王の楯』(集英社)で第166回直木賞を受賞した今村翔吾のデビュー作にして出世...
『ゴリラの森、言葉の海』 山極寿一・小川洋子 共著  新潮文庫・刊  ゴリラ研究の第一人者で霊長類学者の山極寿一と、『博士の愛した数式』などで知られる芥川賞作家の小川洋子が、...
more

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

BOOK by Yu-ichi HIRAYAMA

弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店
PAGE TOP
『使ってはいけない言葉』 忌野清志郎・著 百万年書房・刊   『使ってはいけない言葉』は、故・忌野清志郎の遺した言葉を集めた一冊だ。余計な解説は一切無し。シン...
アルバム『HELP EVER HURT NEVER』 歌・藤井風 発売・ユニバーサル   緊急事態宣言が再延長になり、自粛の日々が続くが、今回は久々に出会った...
『プロデュースの基本』 木崎賢治・著 インターナショナル新書・刊   著者の木崎賢治さんは、僕にとって音楽業界の大先輩である。プロデューサーとして沢田研二、山...
映画『フジコ・ヘミングの時間』 小松莊一良・監督 日活・配給   初めてフジコ・ヘミングのピアノを聴いたときの驚きは忘れられない。彼女の指先からこぼ...
『BOØWY 1224-THE ORIGINAL-』を見て思い出したこと それはバンドブームが第2フェイズに移ろうとしていた頃のことだった。1985年にハ...
映画『杜人』 前田せつ子・監督    『杜人(もりびと)』の主人公・矢野智徳は1956年、北九州市生まれ。父の始めた花木植物園「四季の丘」で十人兄弟とともに植...
『のんのんばあとオレ』水木しげる・著 ちくま文庫・刊   コロナ禍に見舞われて以来、丸2年が過ぎた。マスクと自粛の日々に慣れたとはいえ、決して楽しいものではな...
『死刑囚・大道寺将司と俳句』山岸明子・著 第23回山本健吉評論賞受賞 『鴻』同人の山岸明子氏が、第23回山本健吉評論賞を受賞されました。まことにおめでとう...
『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』 今村翔吾・著  祥伝社文庫・刊  『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』は、この1月に『塞王の楯』(集英社)で第166回直木賞を受賞した今村翔吾の...
『ゴリラの森、言葉の海』 山極寿一・小川洋子 共著  新潮文庫・刊  ゴリラ研究の第一人者で霊長類学者の山極寿一と、『博士の愛した数式』などで知られる芥川...
弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店