music

%e6%99%82%e9%96%93
映画『フジコ・ヘミングの時間』 小松莊一良・監督 日活・配給 初めてフジコ・ヘミングのピアノを聴いたときの驚きは忘れられない。彼女の指先からこぼれる音のひとつひとつ…
A写
『BOØWY 1224-THE ORIGINAL-』を見て思い出したことそれはバンドブームが第2フェイズに移ろうとしていた頃のことだった。1985年にハウンドドッグとレベッ…
pipitzcdjk1n
今年、出会ったアルバムの中で“鳥くん&The PIPITZ”の1st CD『バードレナリンがどばどバード』は抜群に印象に残るものだったので、このアルバムのために書いたライナーノーツ…
news_thumb_onigawara_jkt_1207
【ONIGAWARAさんへの質問攻め about「GATTEN承知之助~We can do it!!~」】〈リード〉やることなすこと、すべて“1st”だったONIG…
more

haiku

suga
『須賀敦子全集 第1巻』 須賀敦子・著  河出書房新社・刊   ウィルスで騒然としている今は、シブい一冊を読む絶好の機会かもしれない。今回、紹介する須賀敦子は198…
%e9%ac%bc
『鬼弁』の副題に、「強面パンクロッカーの弁当奮戦記」とある。この本の著者であるTOSHI-LOWは、BRAHMAN(ブラフマン)というパンクロックバンドのボーカリストで、非常に攻撃…
%e5%bb%83%e4%ba%ba
『廃人』 北大路翼 著  春陽堂書店・刊 相変わらずハイペースで刊行を続ける北大路翼の新刊は、初のエッセイ集『廃人』だ。それにしても、このタイトルは何だ?…
%e3%83%93%e3%82%ae%e3%83%b3
『ビギン・ザ・ビギン-日本ショウビジネス楽屋口-』 和田誠 著  文春文庫・刊  この十月に、イラストレーターの和田誠さんが亡くなった。シンプルで味わい深…
%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3
著者は1973年、東京・文京区生まれ。この名前にして、れっきとした日本人である。TBSラジオの番組「生活は踊る」(月~金 十一時~十三時)でしゃべっているので、彼女の声を聴いたこと…
more

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

BOOK by Yu-ichi HIRAYAMA

弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店
PAGE TOP
%e6%99%82%e9%96%93
映画『フジコ・ヘミングの時間』 小松莊一良・監督 日活・配給 初めてフジコ・ヘミングのピアノを聴いたときの驚きは忘れられない。彼女の指先からこぼ…
A写
『BOØWY 1224-THE ORIGINAL-』を見て思い出したことそれはバンドブームが第2フェイズに移ろうとしていた頃のことだった。1985年にハ…
pipitzcdjk1n
今年、出会ったアルバムの中で“鳥くん&The PIPITZ”の1st CD『バードレナリンがどばどバード』は抜群に印象に残るものだったので、このアルバムのために…
news_thumb_onigawara_jkt_1207
【ONIGAWARAさんへの質問攻め about「GATTEN承知之助~We can do it!!~」】〈リード〉やることなすこと、すべて“1…
suga
『須賀敦子全集 第1巻』 須賀敦子・著  河出書房新社・刊   ウィルスで騒然としている今は、シブい一冊を読む絶好の機会かもしれない。今回、紹介…
%e9%ac%bc
『鬼弁』の副題に、「強面パンクロッカーの弁当奮戦記」とある。この本の著者であるTOSHI-LOWは、BRAHMAN(ブラフマン)というパンクロックバンドのボーカ…
%e5%bb%83%e4%ba%ba
『廃人』 北大路翼 著  春陽堂書店・刊 相変わらずハイペースで刊行を続ける北大路翼の新刊は、初のエッセイ集『廃人』だ。それにしても、…
%e3%83%93%e3%82%ae%e3%83%b3
『ビギン・ザ・ビギン-日本ショウビジネス楽屋口-』 和田誠 著  文春文庫・刊  この十月に、イラストレーターの和田誠さんが亡くなった…
%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3
著者は1973年、東京・文京区生まれ。この名前にして、れっきとした日本人である。TBSラジオの番組「生活は踊る」(月~金 十一時~十三時)でしゃべっているので、…
弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店