MUSIC

2016.07.28
弱虫のロック論 番外編 その2 @ディスクユニオンdues新宿
FullSizeRender

“その2”も満員の盛況。

山下達郎の魅力を、アナログ盤爆音で徹底的に堪能。
その1が終わったとき、次は達郎さんと直感したのが大正解。
ラストのバラード「FUTARI」では、実際のライブのようなエンディングの感動があった。

やはりこの企画は、新しい音楽の楽しみ方のひとつになっている。
次回も開催が決定。
メインはユニコーンのニューアルバム『ゅ 13-14』のアナログ盤をチョイス。
アナログで新作リリースは珍しくないが、さすがにこだわりのユニコーンは“重量盤”を作成。
アナログ盤の真価をユニコーンの最新作で楽しむ予定だ。

ぜひ遊びに来てください!

そして見に来てくれた和田裕美さんがブログではっとする感想を書いてくれました。さんきゅです!

http://wadahiromi.com/blog/    感動したエンタメ

 

その2〈セットリスト〉
1.「SPARKLE」 山下達郎 1982年 アルバム『FOR YOU』
エンジニア 吉田保&伊東俊郎
共同プロデュース 小杉理宇造&山下達郎
ドラム 青山純 ベース 伊藤広規 ギター 山下達郎
キーボード 難波弘之 コーラス 吉田美奈子 山下達郎

2.「元気を出して」 竹内まりや 86年 アルバム『REQUEST』
エンジニア 佐藤康夫 吉田保 伊東俊郎
プロデュース 山下達郎
ドラム 青山純 ベース 伊藤広規 ギター 山下達郎
キーボード 佐藤博 コーラス 薬師丸ひろ子 山下達郎

3.「SENTIMENTAL FOOL」 シーナ&ロケット 79年
アルバム『真空パック』
エンジニア 小池光夫  プロデュース ハリー細野
ドラム 川嶋一秀 ベース 浅田孟 ギター 鮎川誠
ボーカル シーナ ピアノ ハリー細野

4.「週末の恋人」 ムーンライダーズ 77年
アルバム『イスタンブール・マンボ』
エンジニア 田中信一
ボーカル&キーボード 岡田徹  ストリングス 武川雅寛
シンセ&和太鼓 鈴木慶一 ドラム 橿渕哲郎 ギター 白井良明
ベース 鈴木博文

5.「眠れない夜」イエロー 75年 アルバム『イエロー・ライブ』
エンジニア 福島良治 ドラム 吉長伸樹(ジョニー吉長)
ベース 垂水良道 ギター 中村純作 キーボード 川崎雅文
ボーカル 垂水孝道  ライブ@日比谷野音 1975/8/24

6. 「LET IT BLOW」 MARIAR 80年 アルバム『YEN TRICKS』
サックス 清水靖晃       ドラム 山木秀夫 ギター 土方隆行
キーボード 笹路正徳 ボーカル 村川ジミー聡   ベース渡辺モリオ

7.「Down town」 SUGAR BABE 75年 アルバム『SONGS』
エンジニア 笛吹銅次(大瀧詠一) プロデュース 大瀧&山下達郎
ギター&ボーカル 山下達郎 村松邦男 キーボード&ボーカル 大貫妙子 ドラム 野口明彦 上原裕 ベース 鰐川己久男

<休憩>

8.「ほうろう」 小坂忠 75年 アルバム『HORO』
エンジニア せとひろゆき @モウリスタジオ
ドラム 林立夫 ベース 細野晴臣
ギター 鈴木茂  キーボード 松任谷正隆
コーラス 山下達郎 吉田美奈子 大貫妙子

9.「ARE YOU GOING WITH ME?」 PAT METHENY GROUP 82年
アルバム『OFFRAMP』  レーベル ECM
パワーステーション・スタジオ@ニューヨーク
アシスタント・エンジニア  Barry Bongiovi
ミックス タレント・スタジオ@オスロ

10.「ワインレッドの心」井上陽水 84年 アルバム『9.5カラット』
アレンジ 萩田光雄  作詞 井上陽水 作曲 玉置浩二

11.「Hong Kong Night Sight」
松任谷由実 81年  12インチ『水の中のASIAへ』
キーボード 松任谷正隆  中西康晴
ドラム   林立夫    島村英二
ベース   後藤次利   岡沢茂
ギター   松原正樹   鈴木茂
アコギ   吉川忠英   松原正樹
サックス  ジェイク・コンセプション

12.「FUTARI」山下達郎 82年 アルバム『FOR YOU』
ドラム 青山純 ベース 伊藤広規 ギター 山下達郎
キーボード 難波弘之 佐藤博  アルトサックス 土岐英史
ストリングス 多(おおの)アンサンブル

FullSizeRender 2

ARCHIVES
search

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

BOOK by Yu-ichi HIRAYAMA

弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店
PAGE TOP
2016.07.28
弱虫のロック論 番外編 その2 @ディスクユニオンdues新宿
FullSizeRender

“その2”も満員の盛況。

山下達郎の魅力を、アナログ盤爆音で徹底的に堪能。
その1が終わったとき、次は達郎さんと直感したのが大正解。
ラストのバラード「FUTARI」では、実際のライブのようなエンディングの感動があった。

やはりこの企画は、新しい音楽の楽しみ方のひとつになっている。
次回も開催が決定。
メインはユニコーンのニューアルバム『ゅ 13-14』のアナログ盤をチョイス。
アナログで新作リリースは珍しくないが、さすがにこだわりのユニコーンは“重量盤”を作成。
アナログ盤の真価をユニコーンの最新作で楽しむ予定だ。

ぜひ遊びに来てください!

そして見に来てくれた和田裕美さんがブログではっとする感想を書いてくれました。さんきゅです!

http://wadahiromi.com/blog/    感動したエンタメ

 

その2〈セットリスト〉
1.「SPARKLE」 山下達郎 1982年 アルバム『FOR YOU』
エンジニア 吉田保&伊東俊郎
共同プロデュース 小杉理宇造&山下達郎
ドラム 青山純 ベース 伊藤広規 ギター 山下達郎
キーボード 難波弘之 コーラス 吉田美奈子 山下達郎

2.「元気を出して」 竹内まりや 86年 アルバム『REQUEST』
エンジニア 佐藤康夫 吉田保 伊東俊郎
プロデュース 山下達郎
ドラム 青山純 ベース 伊藤広規 ギター 山下達郎
キーボード 佐藤博 コーラス 薬師丸ひろ子 山下達郎

3.「SENTIMENTAL FOOL」 シーナ&ロケット 79年
アルバム『真空パック』
エンジニア 小池光夫  プロデュース ハリー細野
ドラム 川嶋一秀 ベース 浅田孟 ギター 鮎川誠
ボーカル シーナ ピアノ ハリー細野

4.「週末の恋人」 ムーンライダーズ 77年
アルバム『イスタンブール・マンボ』
エンジニア 田中信一
ボーカル&キーボード 岡田徹  ストリングス 武川雅寛
シンセ&和太鼓 鈴木慶一 ドラム 橿渕哲郎 ギター 白井良明
ベース 鈴木博文

5.「眠れない夜」イエロー 75年 アルバム『イエロー・ライブ』
エンジニア 福島良治 ドラム 吉長伸樹(ジョニー吉長)
ベース 垂水良道 ギター 中村純作 キーボード 川崎雅文
ボーカル 垂水孝道  ライブ@日比谷野音 1975/8/24

6. 「LET IT BLOW」 MARIAR 80年 アルバム『YEN TRICKS』
サックス 清水靖晃       ドラム 山木秀夫 ギター 土方隆行
キーボード 笹路正徳 ボーカル 村川ジミー聡   ベース渡辺モリオ

7.「Down town」 SUGAR BABE 75年 アルバム『SONGS』
エンジニア 笛吹銅次(大瀧詠一) プロデュース 大瀧&山下達郎
ギター&ボーカル 山下達郎 村松邦男 キーボード&ボーカル 大貫妙子 ドラム 野口明彦 上原裕 ベース 鰐川己久男

<休憩>

8.「ほうろう」 小坂忠 75年 アルバム『HORO』
エンジニア せとひろゆき @モウリスタジオ
ドラム 林立夫 ベース 細野晴臣
ギター 鈴木茂  キーボード 松任谷正隆
コーラス 山下達郎 吉田美奈子 大貫妙子

9.「ARE YOU GOING WITH ME?」 PAT METHENY GROUP 82年
アルバム『OFFRAMP』  レーベル ECM
パワーステーション・スタジオ@ニューヨーク
アシスタント・エンジニア  Barry Bongiovi
ミックス タレント・スタジオ@オスロ

10.「ワインレッドの心」井上陽水 84年 アルバム『9.5カラット』
アレンジ 萩田光雄  作詞 井上陽水 作曲 玉置浩二

11.「Hong Kong Night Sight」
松任谷由実 81年  12インチ『水の中のASIAへ』
キーボード 松任谷正隆  中西康晴
ドラム   林立夫    島村英二
ベース   後藤次利   岡沢茂
ギター   松原正樹   鈴木茂
アコギ   吉川忠英   松原正樹
サックス  ジェイク・コンセプション

12.「FUTARI」山下達郎 82年 アルバム『FOR YOU』
ドラム 青山純 ベース 伊藤広規 ギター 山下達郎
キーボード 難波弘之 佐藤博  アルトサックス 土岐英史
ストリングス 多(おおの)アンサンブル

FullSizeRender 2

ARCHIVES
search
弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店