HAIKU

%e6%9c%9d%e9%ae%ae
金素雲は1907年に韓国・釜山で生まれ、1920年に来日。ニュース配信社の記者として働きながら、朝鮮農民歌謡の収集を始めた。それが認められて、北原白秋や岩波書店創業者の岩波茂雄らの後援を受けて文筆活動...
321803000326
『橋本多佳子全句集』 角川ソフィア文庫・刊 この8月(2018年)に文庫版で橋本多佳子の全句集が刊行された。自句自解や、師である山口誓子による解説が付いており、読み応え充分の...
%e3%83%a2%e3%83%80%e3%83%b3
『モダン』 原田マハ・著  文春文庫・刊著者の原田マハは、「本日は、お日柄もよく」で知られるベストセラー作家で、「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞。「楽園のカンヴァス」...
%e6%99%82%e9%96%93
映画『フジコ・ヘミングの時間』 小松莊一良・監督 日活・配給 初めてフジコ・ヘミングのピアノを聴いたときの驚きは忘れられない。彼女の指先からこぼれる音のひとつひとつが輝いていた。仕事柄...
%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%81
『水丸さんのゴーシチゴ』 安西水丸・著 平山雄一・監修 ぴあ・刊 4年前に亡くなった安西水丸さんは、村上春樹の小説の表紙画を手掛けた人気イラストレーターだった。元祖“ヘタウマ”と言われ...
%e8%ab%87%e5%bf%97
『現代落語論』 立川談志・著  三一書房・刊  天才落語家の最初の著作である。1965年に刊行された本書で、30才を前に真剣に古典落語と取り組む立川談志が、当時の伝統芸能を取...
%e6%88%a6%e7%95%a5
『日本再興戦略』 落合陽一・著 幻冬舎・刊 著者の肩書は、メディア・アーティスト、筑波大学学長補佐、ピクシーダストテクノロジーズCEOなど。創作と教育と実業を同時進行する才人...
%e8%a8%80%e8%91%89
『言葉となればもう古し-加藤楸邨論-』 今井聖・著 朔出版・刊 今年の俳人協会評論賞受賞作である。俳句結社『街』主宰の今井聖氏が、師である楸邨について論じた一冊で、楸邨俳句の基点から始...
%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc
『アウトロー俳句』 北大路翼・編  河出書房新社・刊 この連載で何度か紹介している北大路翼は、俳壇よりも俳壇以外でよく知られ、かつ活躍している俳人だ。彼の作品はいわゆる花鳥風...
%e5%8d%83%e6%81%b5%e5%ad%90
庶民派女優として愛され、歌手としても人気の倍賞千恵子さんが、これまでのあれこれを書いた本が『倍賞千恵子の現場』である。独特のスタンスで50年以上、活躍を続けてきた秘密がざっくばらんに語られていて、一気...
ARCHIVES
search

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

Facebook by Yu-ichi HIRAYAMA

BOOK by Yu-ichi HIRAYAMA

弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店
PAGE TOP
%e6%9c%9d%e9%ae%ae
金素雲は1907年に韓国・釜山で生まれ、1920年に来日。ニュース配信社の記者として働きながら、朝鮮農民歌謡の収集を始めた。それが認められて、北原白秋や岩波書店...
321803000326
『橋本多佳子全句集』 角川ソフィア文庫・刊 この8月(2018年)に文庫版で橋本多佳子の全句集が刊行された。自句自解や、師である山口誓...
%e3%83%a2%e3%83%80%e3%83%b3
『モダン』 原田マハ・著  文春文庫・刊著者の原田マハは、「本日は、お日柄もよく」で知られるベストセラー作家で、「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブス...
%e6%99%82%e9%96%93
映画『フジコ・ヘミングの時間』 小松莊一良・監督 日活・配給 初めてフジコ・ヘミングのピアノを聴いたときの驚きは忘れられない。彼女の指先からこぼ...
%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%81
『水丸さんのゴーシチゴ』 安西水丸・著 平山雄一・監修 ぴあ・刊 4年前に亡くなった安西水丸さんは、村上春樹の小説の表紙画を手掛けた人気イラスト...
%e8%ab%87%e5%bf%97
『現代落語論』 立川談志・著  三一書房・刊  天才落語家の最初の著作である。1965年に刊行された本書で、30才を前に真剣に古典落語...
%e6%88%a6%e7%95%a5
『日本再興戦略』 落合陽一・著 幻冬舎・刊 著者の肩書は、メディア・アーティスト、筑波大学学長補佐、ピクシーダストテクノロジーズCEO...
%e8%a8%80%e8%91%89
『言葉となればもう古し-加藤楸邨論-』 今井聖・著 朔出版・刊 今年の俳人協会評論賞受賞作である。俳句結社『街』主宰の今井聖氏が、師である楸邨に...
%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc
『アウトロー俳句』 北大路翼・編  河出書房新社・刊 この連載で何度か紹介している北大路翼は、俳壇よりも俳壇以外でよく知られ、かつ活躍...
%e5%8d%83%e6%81%b5%e5%ad%90
庶民派女優として愛され、歌手としても人気の倍賞千恵子さんが、これまでのあれこれを書いた本が『倍賞千恵子の現場』である。独特のスタンスで50年以上、活躍を続けてき...
ARCHIVES
search
弱虫のロック論2 GOOD CRITIC
著・平山 雄一
出版社: KADOKAWA / 角川書店